3月4日の主要イベント

Created with Sketch.

​​​​​

  • 米スーパーチューズデーでバイデン氏が9州を制し獲得代議員数でサンダー氏を逆転。ブルームバーグ氏は撤退。
  • 米非製造業ISMは改善、APD全米雇用レポートの雇用者増加数も好調で米経済の粘り腰を示す。一方中国の財信非製造業PMIは製造業に続き大幅悪化。
  • 豪州の4Qの成長率は前期比0.5%とほぼ横ばいの動きながら、1Qは久方ぶりにマイナス成長となる可能性高まる。ブラジルの4Qの成長率も前期比0.5%とほぼ横ばいの動き。
  • カナダ中銀が利下げ。
  • 主要国の株価は、米国等主要国の政策対応期待への高まりから上げる国が多く、特に米国はバイデン氏のスーパーチューズデーでの勝利や好調な経済指標もあり大きく上げる。人民元高も目立つ。
  • 新型肺炎の患者数は以下のとおり。世界全体:92,916人(死者数:3,150人)。韓国:5,328人、イタリア:2,502人、イラン:2,336人、日本:294人(ダイヤモンドプリンセス:706人)、米国:64人(CDCは少なくとも108人と公表)、フランス:212人、ドイツ:196人。イタリアが大学を含む全ての学校の閉鎖を決定。米国ではSFに続きカリフォルニア州が非常事態宣言。
  • OPECが減産を検討。