11月12日の主要イベント

Created with Sketch.

  • 米パウエル議長がコロナで「今後2~3か月は厳しい状況になるかもしれない」と発言。またバイデンチームのアドバイザーは全米で4~6週間程度のロックダウンが必要かもしれないと発言。
  • 英国の3Qの実質GDP成長率前期比はプラス15.5%となりほぼ市場予測通りの結果となった。前期のマイナス19.8%からの戻りは比較的早かったものの、足許は再び減速傾向との見方。
  • ロシアの3Qの実質GDP成長率前年比はマイナス3.6%と2期連続のマイナスながら、前期(-8%)に比べマイナス幅が大幅に縮小。
  • 主要国の株価は、日本が世界的金融緩和期待から続伸する一方。米国や欧州が感染拡大加速への懸念が再び高まる中大きく下落。米長期金利も0.97%から0.88%に急低下。
  • 米国の新規感染者数が二日連続で最多更新。欧州でも特にイタリアを中心に新規感染者の増加が続く。日本の感染者も最多更新。
  • 国が地銀統合行のシステム統合費用を支援する模様。